損より得する風俗

一種のマーケティングのようなものです

自分の仕事がマーケティングなんです。とりあえずいろいろなことを調べるんですよね。競合商品は何かや、その競合商品の強みや弱み、そして顧客層。では自分達はどうか…や、潜在的なニーズなど、いろいろなことを調べるのが仕事なんです。だからだと思うんですけど、風俗で遊ぶ時も職業病と言うか、マーケティングという意識は持っちゃいますよね(笑)遊ぶ際、ホームページは必ずチェックします。風俗店のホームページを見れば、その風俗店がどのようなコンセプトなのかや、どのような利用者層を目論んでいるのか。どこを狙っているのかや、どういったタイプの男が楽しめるのかなど、表面上では誰でも楽しめそうではあっても、その奥底にはより細かいことが見え隠れすると思うんですよね。それを調べるのが好きなんですよ。だから風俗で遊ぶ時には自分なりにどうしてもいろいろと調べちゃうんですけど、調べているだけでもそれはそれで楽しい世界だと思いますよ(笑)

イマジネーション?大切でしょう

妄想というとちょっとあれですけど、イマジネーションというと格好良く聞こえるのは不思議なものですよね(笑)そんな話はともかく、風俗で遊ぶ時にはまずはホームページとかポータルサイトもそうですけど情報収集が一歩目だと思うんです。インターネット上のコンテンツを見て誰と遊ぼうかなと考えるのもまた、楽しい時間だと思うんですけどそこで風俗嬢を見るとやっぱりいろんな気持ちが浮かび上がってくるものじゃないですか。何をしようかなとか、どういったことをしようかなとか(笑)その際、自分でもイマジネーションを爆発させると言うか、この子と遊んだらどんな時間になるんだろう…みたいな妄想をするのは決して悪くはないと言うか、むしろイマジネーションを爆発させたとき、相手に対してどのような気持ちになるのかによって全然変わるものなんですよ(笑)だからイマジネーションを膨らませたり刺激するのは大切ですし、そういった風俗嬢相手だと満足度もかなり高まるんですよ。